解説スタッフ

映画レビューサイト | フォトギャラリー

現代アメリカ文学の巨匠、フィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を映画化した大人の愛の物語。セックスから関係をスタートさせた男女が、真の愛に目覚めるまでをしっとりと描く。

身勝手な大学教授役に『砂と霧の家』のベン・キングズレー。美ぼうのヒロインをスペインを代表する若手女優、ペネロペ・クルスが体当たりで演じている。男女の間に横たわる深くて暗い溝にため息をつきながらも、愛への希望を抱かせてくれる。

スタッフ

監督: イサベル・コイシェ
原作: フィリップ・ロス
製作: トム・ローゼンバーグ
/ ゲイリー・ルチェッシ
/ アンドレ・ラマル
脚本: ニコラス・メイヤー
撮影: ジャン=クロード・ラリュー
編集: エイミー・ダドルストン
美術: クロード・パレ
衣装: カティア・スタノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>